リフトアップで若返りを実現|施術方法を確認しよう

レディー

特殊な糸が効果アリ

鏡を持つ女性

最近主流になっているリフトアップの方法の1つに、糸を使った方法があります。特殊な糸を肌に入れることにより、リフトアップが可能になります。最もメジャーな糸を使ったリフトアップには、金の糸を用いた方法があるでしょう。純金を、特別な細さに加工して肌に埋め込むのです。金は世界中で昔から美容に有効だと考えられており、最近では金箔を使ったパックや化粧品なども多く販売されています。金ならではのゴージャスで輝くような肌を手に入れられるようなイメージもあり、美意識の高い人たちの間では評判になっているのです。しかし、金の糸を入れる効果としては、人の持っている治癒効果を利用したものになります。

金の糸は、人間にとっては異物になるため、ダメージを受けることになります。しかし、そのダメージを受けた細胞は、元に戻ろうと活発に働くので、結果的に肌の新陳代謝をより高めることになるのです。また、異物である金の糸を身体の外に出そうとする働きも、肌のリフトアップに繋がります。こうした人間が本来持っている性質を金の糸によってうまく引き出すことで、美容効果を高めることができる手法だといえます。また、ほかにも整形先進国といわれる韓国で生まれたウルトラVリフトという方法も話題となっています。肌に糸を入れたあとに、体内で吸収されることによって、消えてしまう特殊な糸を使って行う方法です。主に医療用で使われる糸のため、安全性にも評価が高く、人気を呼んでいます。

ゴールデンリフトとも呼ばれている金の糸は、個別で気になる細かなパーツで対応することができます。たとえば、シワが目立ちがちな額やちりめんじわができやすい目尻、ブルドッグみたいに垂れ下がる頬などが気になる場合、ピンポイントで施術を行なうことができるところがいいでしょう。また、意外に年齢が出てきやすいパーツと呼ばれている首は、うっすらと何重にもしわが出てくるのが特徴であり、日頃のスキンケアでは解消することが難しいところです。しかし、金の糸を用いることによって、悩み別に対応できるようになっているのが魅力であり、費用面も調整しやすくなります。
ただし、細かなパーツがほとんど顔全体になる場合は、ピンポイントの施術を選んで受けるよりも顔全体を対象にしたコースを選んだ方が結果的に安くなる可能性があります。このあたりは、どのあたりに施術が必要となるかを把握した上で判断する必要があります。

顔全体になると100万円前後はかかる金の糸を使ったリフトアップは、クリニックで必要な箇所を診てもらうといいでしょう。専門医に直接肌を触ってもらい、金の糸を使った方がいいかどうかを確認すれば、求めている顔に仕上がります。また、実際に診てもらうことによって医師やサービスとの相性や対応を判断することはできるでしょう。実績重視で選ぶのはもちろんですが、実際に接してみた上で自分が安心して任せることができる施設であるかも重要視するポイントです。ですから、インターネットのテキストや画像などの情報だけに限らず、無料カウンセリングを受けて見極めるようにしましょう。